派遣で仕事をするには、会社に登録をするか、社員として入社するかで経験をされるとスキルアップが出来る。

笑いあり涙あり みんなの派遣体験談
笑いあり涙あり みんなの派遣体験談

派遣社員の経験をしてどうでしたか?

笑いあり涙あり みんなの派遣体験談
派遣は、一定の会社で働くのではなく人材が欲しいところへ行かれて仕事をするので、同じ会社でずっと働けるわけではありません。この仕事をするには、会社に登録をする方法と、会社に入社して、社員として働く方法があるのです。

私は、社員として入社をして働いた経験があるのですが、とても勉強になりした。
学校を卒業して、新入社員としてきちんと研修を受けたので、社会の厳しさはわかってきました。
私が入社して初めて行ったところは、マンションにある会社でした。
その会社には、すでに会社から行かれている方もいらっしゃったので、心強かったですね。分からないことがあれば、何でも聞くことが出来ましたので、そこでの仕事がスムーズに行うことができました。
私はコンピューターで図面を描く作業を任されました。
学校で使っていたソフトとは違いましたが、コマンドは同じでしたので、操作の部分では、問題なかったです。

ここで働いた分の給料は入社した会社から支払われるので、タイムカードがあればきちんと印字することが大事ですね。定時で終わることが少ないので、残業をされたときには、きちんと残業代ももらうことが大事です。

ここで働いた期間は、半年でしたが、初めての会社で初めての先方での仕事が出来たことは自分自身とても勉強になりました。
先方の会社から、人材の依頼をされるということは、その人材が必要だから依頼をしているので、先方の会社で働くことになりましたら、どこでも100パーセントの力を出すことが大切なのです。

先方の会社で働くことになりましたら、電話応対もその会社の名前を名乗ることが大事なのです。

電話対応の仕方は、研修でやりますので、慣れていない方でも覚えることが出来ます。
他の会社からきた方が一人だけの場合も、その会社の一員として仕事をされることが大切なので、自己中心的に行わないことが大切です。

一生懸命まじめに仕事をしていれば、また、指名で依頼をされることもあるので指名されるようにがんばることが大事ですね。

おすすめ!

Copyright (C)2014笑いあり涙あり みんなの派遣体験談.All rights reserved.